作業療法


OT室風景

作業療法では、食事、排泄、着替えなど日常生活に必要な動作の自立を目指し、セラピストと個別で作業活動を用いて治療・指導を行います。

家事や趣味など退院後の生活でやりたいこと、大切なことに対しても耳を傾け、共に練習を行います。また、病気や障害による不安や意欲の低下に対し、自信付けや不安を取り除く目的で作業活動を用い、ニーズに応じて職場や学校などの社会生活への復帰もスムーズに行えるように退院後の生活も考え、訓練を行っています。

主な訓練内容

上肢機能訓練

徒手や作業活動を通して上肢(肩から手指)の機能回復訓練を行なっています。また、必要性に応じて、福祉用具や装具・自助具の紹介・作成も行なっています。

上肢訓練 自助具

日常生活動作訓練

日常に必要な動作(食事・着替え・洗顔・入浴・排泄など)の指導や援助・訓練を行なっています。

ADL室風景 浴室風景

日常生活応用動作訓練

実際に、台所を使用し、調理訓練も行っています。また、和室を使用しての自宅を想定した、家事動作練習も積極的に行っています。

調理訓練 布団上げ