ページの先頭へ

卒後教育プログラム

1.ねらい

看護部の理念と自己の看護観との融和を図り、看護の質と専門性の向上を目指す

2.教育目標

  1. EBNに基づいた看護の実践を行う
  2. 専門領域の知識、技術の習得を行う
  3. 自己の看護観の構築を図り、人間としての成長を目指す

3.平成22年度 教育計画スケジュール

  1. 卒後1年目教育
    目的:看護に必要な知識・技術を習得し、看護理解を深めることができる
  2. 卒後2年目教育
    目的:看護研究・プライマリーナーシングを通して創造性を追及することができる
  3. 卒後3~5年目教育
    目的:リーダーシップをとることができる
  4. 中堅ナース(卒後6年目以上)教育
    目的:師長・主任のサポートができる
  5. 看護師長・主任教育
    目的:管理能力を身につけることができる

ページの先頭へ

看護教育の相関図

看護教育の相関図

ページの先頭へ

教育計画スケジュール

卒後1年目 目標:看護に必要な知識・技術を習得し、看護の理解を深める
実施月 研修名 内容 目的
4月 オリエンテーション (1)知識・技術・態度
(2)緊急時の対応
(3)倫理観(レポート提出)
(1)臨床看護に必要な知識と技術を習得し実践できる
(2)臨床に不可避な倫理観の構築
5月 看護記録 (1)看護記録について (データベース・看護問題・看護計画立案・修正・評価・看護要約)
(2)フォーカスチャーティング
看護記録とは何か、理解することができる
7月 リスクマネージメント 事故防止について
(1)医療事故防止対策
(2)対処方法
(3)記録の書き方
事故に対する認識を持ち、安全・安楽な看護を考えることができる
8月 コミュニケーション技術(対人関係) パーソナリティーの理解 適切なコミュニケーション技術で円滑な人間関係を築く
1月 急変時看護の総点検 (1)人工呼吸器の管理・輸血・死亡時の処置と対応について
(2)急変時の記録について
急変時看護に自信を持ち対応できる
2月 実技   (1)正しい実技が身についているかどうか総点検
(2)身についていない技術を補修する
卒後2年目 目標:看護研究・プライマリーナーシングを通して看護の創造性を追及する
実施月 研修名 内容 目的
4月 看護研究(1) (1)看護研究について(院外講師より)
(2)看護部の勉強会への参加
看護研究とは何かを理解することができる
7月 プライマリーナーシングの理解 (1)プライマリーナーシングについて プライマリーナーシングを理解し、個別的な看護の実践ができる
12月 自己の今後の看護における課題 グループワーク (1)看護におけるアイデンティティの確立を図る
(2)自己の看護の振り返りと今後の課題の明確化
卒後3~5年目 目標:リーダーシップがとれる
実施月 研修名 内容 目的
4月 看護研究(1) (1)看護研究について(院外講師より)
(2)看護部の勉強会への参加
看護研究を通して、看護チームに主体的に働きかけ、行動することができる
5月 プリセプター(1) プリセプターシップについて講義 プリセプターシップを理解する
10月 リーダーシップ(1) リーダーシップについて講義 リーダーの役割を理解し、チームメンバーのために行動することができる
11月 看護研究(2) (1)発表に向けての準備
(2)プレゼンテーション
看護研究を通して、看護チームに主体的に働きかけ、行動することができる
12月 プリセプター(2) グループワーク
「プリセプターを実際に行ってみて」
プリセプターをして実際に学んだことを振り返り、今後の課題を明確化する
中堅ナース 目標:師長・主任のサポートがとれる
実施月 研修名 内容 目的
7月 リーダーシップ(2) グループワーク
「リーダーとして求められるもの」
病棟の中堅的役割を理解し、リーダーシップを発揮することができる
2月 看護における問題の形成と発見について グループワーク 「現職場での問題点は何か?その解決策」 日常における看護の中から問題を発見し、問題解決能力を養う
看護師長・主任 目標:管理能力を身につける
実施月 研修名 内容 目的
5月 主任の役割と業務について 主任の役割と業務について 主任として看護管理を学ぶ
3月 師長の役割と業務について 師長の役割と業務について 師長としての看護管理を学ぶ

ページの先頭へ

新人看護師研修プログラム

新人研修に参加する方を募集しています。
他施設に勤務されている方もお気軽にご参加ください。
連絡先:看護部長 佐藤
研修項目 方法 時間 4月(入職時)
~数日間
4月~6月 7月~9月 10月~12月 1月~3月
1.新人看護師研修の概要 講義 1時間 院内教育目標と計画
ラダー研修ファイルの活用法
       
2.看護師として必要な基本姿勢 講義
演習
院内:5時間
院外:4日
院内オリエンテーション(組織について知る) 看護総論(院内)
接遇(院内)
新人看護師研修(院外)
倫理初級(院外)
アサーション(院外)
気づきと看護(院外) 看護の振り返り(院外)
看護実践の振り返り(院内)
3.技術的側面 環境調整技術 講義
演習
院内:1時間     臥床患者のベッドメイキング(院内)    
食事援助技術 講義
演習
院内:3時間 院外:1日 PEG造設ついて(DVD) 経管栄養法(院内 胃管カテーテル挿入実践(院内)   摂食・嚥下障害看護(院外)  
排泄援助技術 講義
演習
院内:2時間     臥床者の排泄介助(院内) 導尿・バルーンカテーテル留置と管理(院内)  
活動・休息援助技術 講義
演習
院内:2時間 体位変換体験   移動介助(院内)    
清潔・衣生活援助技術 講義
演習
院内:1時間
院外:2日
  スキンケア(院外) 口腔ケア(院外) おむつ交換、臥床者洗髪手技(院内)  
呼吸・循環を整える技術 講義
演習
院内:1時間
院外:1日
  酸素吸入療法・吸入療法(院内)   人工呼吸器の取り扱い(院外)  
創傷管理技術 講義 院内:30分
院外:2日
    創傷ケア(院外) 褥瘡ケア・予防(院外)
褥瘡対策(院内)
 
救命救急処置技術 講義
演習
院内:2時間
院外:1日
急変に至る前の観察   急変時の対応と看護(院外)   急変時看護の総点検(院内)
与薬の技術 講義
演習
院内:6時間
院外:3日
輸液・輸注ポンプ体験 注射手技(院内)
(筋肉、皮下、皮内、静脈内、点滴)
輸液・輸注ポンプ管理・静脈注射の知識(院外)
IVH管理・介助(院内)
抗がん剤基礎(院外)
インシュリン注射手技・管理(院内)
輸血の管理・手順・観察(院内)
薬の知識(院外)  
症状、生体機能管理技術 講義
演習
院内:4時間
院外:4日
心電図モニター体験 心電図の基礎(院外)
フィジカルアセスメント(院外)
採血手技(院内)
「なぜ・何」知識(院外)
採血実践(院内)
臨床検査の基礎知識(院外)
12誘導の取り付け方(院内)
 
苦痛の緩和、安楽確保の技術 講義
演習
院内:2時間 安楽な体位保持体験 罨法について(院内)      
感染予防技術 講義 演習 院内:6時間
院外:1日
手洗い手技体験
院内感染について講義
感染対策(院内)
針刺し事故防止対策・事故後の対応(院内)
感染予防対策基礎知識(院外)
感染対策(院内)
   
安全確保の技術 講義
演習
院内:6時間
院外:1日
  リスクマネージメント(院内) 医療安全(院外)
リスクマネージメント(院内)
リスクマネージメント(ラダー研修)
災害時の対応(院内) リスクマネージメント(院内)
災害時の対応【夜間】(院内)
その他配属部署で必要な看護技術 OJT 配属部署で必要な看護技術
4.管理的側面 情報管理 講義
演習
院内:4時間   看護記録(院内)
フォーカスチャーティング(院内)
看護計画発表会参加(毎月勉強会)
看護計画立案実践(院内)    
安全管理 災害・防災管理 講義
演習
院内:6時間
院外:1日
  リスクマネージメント(院内) 医療安全(院外)
リスクマネージメント(院内)
リスクマネージメント(ラダー研修)
災害時の対応(院内) リスクマネージメント(院内)
災害時の対応【夜間】(院内)
5.その他 コミュニケーション 講義 演習 院内:2時間
院外:1日
  コミュニケーション技法(院外) 対人関係(院内)    
死後の処置 講義
演習
院内:2時間       死亡時の処置・対応(院内)  

ページの先頭へ

看護部勉強会年間予定表

日程 テーマ 司会 議事録 発表者 看護計画発表
4月 看護研究勉強会 浅野 3東 善生先生(県立大)  
5月 看護総論(10分) 感染(10分) 3東 外来 看護部長 看護部感染委員 2東
6月 リスクマネージメント 外来 2東 看護部リスク委員 3西
7月 教育関係 2東 3西 看護部教育委員 2西
8月 看護技術NO.1 3西 2西 看護部主任 3東
9月 看護技術NO.2 2西 3東 看護部主任 外来
10月 身体抑制について 3東 外来 身体拘束委員 2東
11月 看護研究 合同 2東 合同  
12月 褥瘡対策 外来 3西 看護部褥瘡委員 3西
1月 リスクマネージメント 2東 2西 看護部リスク委員 2西
2月 感染 3西 3東 看護部感染委員 3東
3月 教育関係 2西 外来 看護部教育委員 外来