X線CT検査

特徴

  • 全肺野を最短3秒台で撮影できる超高速スキャンが可能。
  • 高精細画像再構成技術により、高分解能かつ高画質な画像が得られるため、微細な病変も検出する事が可能。
  • 1024x1024マトリクスでの画像再構成により、従来の512x512マトリクスに比べ高精細画像表示が可能。
  • メタルアーチファクトの大幅な低減
  • 線量最適化技術により低被曝での撮影が可能。

最新のソフトウェアにより3D(三次元画像)やMPR(多断面再構成画像)が高速で表示でき、仮想内視鏡など様々