放射線科で働く診療放射線技師は、主にX線を使い患者様の体の状況を写真にすることで医師に情報を提供しています。

一般撮影検査

一般撮影とはいわゆるレントゲン写真のことです。
X線を用いて胸部や腹部、骨、関節など体のあらゆる部分の写真を撮ります。

胸部単純写真 腹部単純写真

ページの先頭へ

X線透視検査

バリウムを使って胃や大腸の造影検査を行う部屋です。その他、腎臓などの造影検査、整形外科領域での透視下整復、脊髄腔造影などの検査も行っています。

透視検査の詳細はこちら

胃後壁二重造影写真 胃前壁二重造影